Bluetooth対応製品で、ワイヤレス接続を体験してみました。Bluetooth製品の使い方・ドライバ情報・設定方法などを掲載中です。
bluetooth(ブルートゥース)で行こう ワイヤレス接続体験記
Bluetooth接続に挑戦
Bluetoothとは何だろう?
Bluetooth接続の特徴・利点
対応機器を購入する前に
Bluetoothのインストール
複数の製品の接続 その1
複数の製品の接続 その2
ホームセキュリティの提案
BluetoothでPSPを遊ぶには
 
Bluetoothの設定
Bluetooth機器の登録
Bluetooth機器の削除
Bluetooth機器の接続
Bluetooth機器の切断
  
メーカー販売状況(価格)
PLANEX
PLANTRONICS
JABRA
SONY
SANWA
mobilecast
Microsoft
BLUETAKE-JAPAN
I-O DATA
Logitec
モトローラ
ELECOM
Princeton
ハギワラシスコム
  
Q&A
混信はないの?
有効通信距離はどのくらい?
USBアダプタの形状
機器によって音質が変わる?
無線によって音が飛ばない?
ヘッドセットは両耳対応か?
ヘッドセットの充電の仕方
  
Bluetooth関連用語集
Bluetooth関連用語集
 
その他
当サイトについて
リンクについて
リンク001
リンク002
リンク003
 
 
2007.04.17申請→04.20登録

Bluetooth(ブルートゥース)とは何だろう?

Bluetoothとは近距離通信技術のひとつで、ヘッドホン・マウス・カー製品などのBluetooth
対応製品なら、相互にデータのやり取りが可能になります。安価で混信が生じにくいため、
また取扱いに際して免許不要で一般人でも扱えることから、普及が進みつつあります。
 
ケーブル接続からの解放
 
もしマウスやヘッドホンにケーブルがついたままなら、どんなことが起こるでしょうか?
椅子で踏みつけたり、身体に巻きついたりして大変です。
 
 
 
ケーブルが引っかかった拍子に、空き缶に襲われたり、プラグが外れて音がもれたりして、
おちおち仕事もできません。
 
 
  
運転中に携帯電話を使うことは違反になるので、ケーブル接続のレシーバーを使う方が
みえますが、身体に巻きつかれるとハンドルをとられて危険です。
 
従来のワイヤレス製品の問題点
 
ワイヤレスにしようとすると、パソコンならUSB端子を占拠してしまい、拡張性をつぶして
しまいます。特にノート型パソコンなら、すぐに限界がきてしまうでしょう。
ところが、これだけの問題を一気に解決してしまえる方法があります。
 
それはBluetooth対応製品を使うことです。Bluetooth対応製品であれば、ワイヤレスで
しかも100メートル離れたところからさえ、通信可能になります。ひとつのUSBアダプタに
最高7つの端末を接続できるため、USBポートを占拠することもありません。当サイトでは
Bluetooth対応製品について分かりやすく解説していきます。
 
 
Copyright (C) Bluetoothで行こう ワイヤレス接続体験記, All Rights Reserved.